パイプ曲げ、折曲げ加工の松田商工の技術情報についてご案内いたします。    サイトマップ

プラズマ端部切断

HOME > プラズマ端部切断

  • < 加工前 >

    9.0tの鉄板の端部曲げですが、立ち上がり寸法が40mmと小さいため、曲げ困難な仕様です。

  • < 加工中 >

    端部をプラズマで切断する専用の装置で加工します。プラズマによって熱歪みを最小限に抑えます。

  • < 加工後 >

    立ち上がり55mmに曲げておいて端部を15mm切断することにより、40mmの立ち上がりとしました。

ロール製品の再切断

ロール加工においては、3本のロールで材料を挟み込んで巻いていきますが、加工の特性上ある程度の弧長がないとロールができません。そこで弧長の短いロールは、長い弧長で曲げた後にプラズマ切断を行うことによって、短い弧長に分割して所定の寸法に仕上げることができます。

曲げ立ち上がり部分の再切断

ロール加工においては、3本のロールで材料を挟み込んで巻いていきますが、加工の特性上ある程度の弧長がないとロールができません。そこで弧長の短いロールは、長い弧長で曲げた後にプラズマ切断を行うことによって、短い弧長に分割して所定の寸法に仕上げることができます。

お問い合わせフォームはこちら
pagetop
企業情報求人情報技術情報在庫情報松田商工ブログお問い合わせ小冊子お申込みサイトマップ

〒279-0025 千葉県浦安市鉄鋼通り2丁目6番1号 / TEL 047-351-5235(代)/FAX 047-353-5679/E-mail info@matusho.co.jp

お問い合わせフォームはこちら 松田商工トップページへ 松田商工