会社概要・沿革

会社概要

社名
株式会社 松田商工
所在地
本社・第一工場
〒279-0025 千葉県浦安鉄鋼通り2丁目6番1号
第二工場
〒279-0024 千葉県浦安市港48番地
第三工場
〒279-0025 千葉県浦安市鉄鋼通り3-1-8
連絡先
TEL:047-351-5235
FAX:047-353-5679
info@matusho.co.jp
創業
1954年(昭和29年)6月1日
代表取締役社長
松田 明
資本金
1,400万円
売上高
25億円(※2018年3月期)
社員数
110名(※2018年3月31日現在)
グループ会社
東工建株式会社
〒279-0025 千葉県浦安市鉄鋼通り1-1-5

沿革

1954年(昭和29年)6月
松田秀夫の個人営業として鋼材商を始める
1956年(昭和31年)8月
東京都江東区亀戸7丁目8番12号に松田商店として鋼材販売及びシャーリングを始める
1961年(昭和36年)4月
東京都江東区亀戸6丁目40番8号に工場及び営業所を建設
資本金350万円株式会社松田商工に組織変更する
1960年(昭和36年)10月
資本金700万円、昭和42年10月資本金1400万円にそれぞれ増資する
1964年(昭和39年)1月
東京都江東区亀戸6丁目50番5号に厚板工場建設、営業所も同所に移転する
1969年(昭和44年)6月
千葉県浦安市鉄鋼通り2丁目6番1号に工場を完成させる
はじめガス溶断部門移転、次いて昭和46年12月亀戸工場を全面的に移転する
営業事務所も同時に建設し、移転する
1975年(昭和50年)4月
『株式会社 松田商工』に社名変更する
1981年(昭和56年)12月
千葉県浦安市港48番地に『シャーリング』、『折曲・ロール加工』専門の第二工場を完成させる
当時最新鋭の1000tonベンディングマシーンを導入
1988年(昭和63年)11月
『溶接H形加工』開始
1989年(平成元年)
『穴あけ加工』、『開先加工』、『プラズマ切断加工』、『小型 パイプ曲げ加工』の開始
『CAD及びDXFシステム』の導入完了
2000年(平成12年)
今後の需要家様との取引拡大を見越して技術営業の採用を強化
4kwレーザー切断機導入
2004年(平成16年)
需要家様から引き合いが増加し始め、溶接・組立までのワンストップ対応が定着する
既存の取引先が150社を越える
430tonベンディングロール導入
2005年(平成17年)
『ロール・曲げの松田商工』に向けた組織体制の強化と、『技術力向上』のための受注体制の整備に着手する
3次元CAD導入
2007年(平成19年)
600tonベンダー導入
6kwレーザー切断機導入
2013年(平成25年)
技術営業員に新卒採用を始める
「ホッパー巻き」用のロール機を導入
2014年(平成26年)
4KWレーザー切断機を第1工場に導入
両面開先取りの自動開先切削機を第2工場に導入
第3工場の用地を取得する
2015年(平成27年)
第3工場にロール機を全面移設して稼働開始
形鋼曲げ専門の「東工建」をグループ化する
2017年(平成29年)
130tonベンディングロールを第3工場に導入
クイックベンダーを第2工場に導入